サブコンテンツ

スポンサーリンク

ジョイメカファイト

タイトル画面

ジョイメカファイトとは?

ジョイメカファイトは任天堂より1993年に発売された格闘アクションゲームです、
この時期はストリートファイターが大ヒットした為、世の中は格闘ゲームブーム真っ盛りで、
各種メーカーが様々な格闘ゲームをこぞって開発した時期です、
スーパーファミコンが発売されて既に3年近くが経ち、ファミコンもそろそろ世代交代か、
と言われ始めたファミコン後期に発売されたこともあり、ゲームのグラフィックや操作感は、
ファミコン作品とは思えないほど良好で、爽快感もバツグン、今触れても色あせない名作で、
友人と共にプレイすれば、当時の格闘ゲームブームの情熱を再体験出来ること間違い無しです。

ジョイメカファイトのゲームシステム

ジョイメカファイトは2ボタンで操作するタイプのスタンダードな格闘ゲームで、
A・Bボタンと十字キーの組み合わせ、コマンド入力で多彩な必殺ワザを使用出来ます、
ゲーム中にコマンドやワザの説明が受けられる他、トレーニングモードも実装されています、
今では当たり前となりつつあるこれらのモードも、当時としては珍しく、
説明書が付属していない中古のソフトでも操作方法を知ることが出来ます。

トレーニングモード画面

ストⅡとは異なりコンボの概念はありませんが、
キャラクターごとに差はあるものの、無敵を持つ技、上に判定の強い対空技、
遠距離から攻撃できる飛び道具、遠距離から相手を奇襲する突進攻撃など、
用途の異なる攻撃を何種類か持っており、純粋に格闘ゲームの差し合いが楽しめます。

ジョイメカファイトの攻略法

ストーリーモードでは最初は関西のお笑いロボ、スカポンしか使うことは出来ませんが、
進行に応じて最大8体のキャラクターを使用することが出来ます。

中でも強力なのが「ホノオ」と呼ばれるキャラクター、
飛び道具、突進技、対空技と使いやすい技が揃っており、スタンダードで使いやすく、
特に突進技のファイアーボールは出掛りに無敵があり、飛び道具を嫌って飛び込む相手を、
迎撃することが可能です、技の終わり際を当てるとほぼ隙が無く、投げも決まりやすいです、
中距離でこれを連発するだけでもかなり強力で、CPU戦はほぼこれだけでクリア出来るほど、
ストーリーのクリアが難しいという方は試してみると良いでしょう。

飛ばせて落とす

対人戦では飛び道具のファイアーウェーブで牽制しつつ、相手が飛んできたら、
距離に応じて無敵技のファイアーボールと対空技のファイアーフレアを使い分け、
ダウンが取れたら削りダメージの高いファイアーフレアを起きに重ねると良いでしょう、
B版ファイアーボールは軌道が上寄りになり、めくりに使えるので攻めのアクセントになります。

ジョイメカファイトのグラフィック

ジョイメカファイトゲーム画面

格闘ゲームは画面に表示するキャラクターのサイズが大きいため、
画面のキャラクター表示に制限のあるファミコンは、格闘ゲームを作るには
そもそも向いていないハードだと言われていました、しかしロボットの外見にして、
足や腕の関節を取り払い、表示領域を少なくすることで見事にその制限を克服し、
ファミコンでも格闘ゲームが出来ることも実証してくれました。

ジョイメカファイトの入手について

ジョイメカファイトはファミコン後期の作品ですが、中古価格は800円~1500円程度で
入手はそれほど困難ではありません、なお本作は3DSやWiiUにて
バーチャルコンソール版は発売されていますので、手軽に遊びたい方は、
これらを購入することをオススメします。

ジョイメカファイト [3DS版オンラインコード]

463円

ジョイメカファイト [WiiU版オンラインコード]

463円

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ