サブコンテンツ

スポンサーリンク

スペランカー

スペランカー

スペランカーとは?

スペランカーは1985年にアイレムから発売されたアクションゲームです、
ファミコン黎明期の1980年代中盤、一発屋で終わる会社が多い中、
スペランカーの販売元のアイレムは現在でも脈々と活動している優良企業だったりします、
ただしゲーム開発の事業部は縮小しているらしく、現在ですと専らパチンコの開発が
(海物語などが有名ですね)盛んで、残念ながらゲームの開発は少なくなっている模様です。

開幕1秒で1ミス、ゲーム開始20秒でゲームオーバー

スペランカーはとにかく死に易い!上のフレーズは嘘でも誇張でもなく、
筆者の初めてスペランカーをプレイした時の実際の実体験です、
初回にエレベーターから降りようと、右にレバーを入れただけでスペランカーが死亡!!
何が起こったか訳がわからなかった筆者は焦って、同じキー入力をして更に1ミス、

ゲーム開始時、主人公のスペランカーはエレベーターに乗って地下迷宮に現われますが、
実はこのエレベーターと迷宮の間には細かな隙間があり、
ジャンプで飛び越えないと隙間から落下して死亡してしまうのでした、わかるかこんなもん!

その他敵にぶつかったり、炎などの障害物に当たればモチロン死亡、
そして時間経過でタイムリミットを越えればやっぱり死亡など、
これらの王道(?)の死に様は序の口で、スペランカーの主人公はあっさり死にます。

スペランカーの多彩な死に芸

・エレベーターの隙間から落下死
・下り坂からのジャンプで高低差により死亡
・ロープから手を滑らせて死亡
・落とし穴の罠に引っかかって死亡
・こぶから噴出霧に触れて死亡
・自分で仕掛けた爆弾に巻きこまれて死亡
・壊れかけた幽霊の破片に当たって死亡
・モチロン普通の幽霊に触れてもアウト
・コウモリの糞に触れただけで死亡
・時間経過でもやっぱり死亡

ここまで虚弱なのによく冒険家が名乗れたものである、
おまけにジャンプは自分の身長の1.5倍程度しか飛べません、
ですが彼にはこれがギリギリのラインで、これ以上の高さから落下すると死亡してしまいます、
更には攻撃もアイテムが無ければマシンガンのみ、マシンガンは使うと残り時間が減るため、
無駄うち厳禁など、一応冒険家らしいがどこかの赤帽子のヒーローとは大違いである。

スペランカーの攻略法

スペランカー時間制限がある為、あわててプレイしがちかもしれませんが、
慌てず無茶な動きはせずに、慎重にプレイする方が安定する為、ゆっくり進むのがオススメ、
制限時間はあれど、アイテムをとれば時間は回復可能なうえ、
時間回復アイテムが結構そこじゅうに配置されているので、しっかり取得して進めば、
まず時間制限で死亡することはありません、爆弾で岩を処理するときも、
少し距離を取りすぎるぐらいで調度よいのです。
ただしコウモリを照明弾で処理する時だけは急ぎましょう、
何故ならコウモリを倒した後の復活は思いの他早く、モタモタしてるとすぐにコウモリが復活、
照明弾の無駄撃ちすることになりかねません。

PS3でまさかの続編!?「みんなでスペランカー」

ファミコンのスペランカー2以降、音沙汰が殆どなかったスペランカーですが、
残念ながら現在みんなでスペランカーの配信は終了しており、
現在はプレイできない状態となっております、
代わりにみんなでスペランカーの続編、みんなでスペランカーZがPS4で配信されており、
名前の通り多人数プレイが可能で、オンライン協力なども完備されているので、
昔を懐かしみながら皆でわいわいやるパーティゲームとしては中々よさそうです。
その他近年アニメ化や小説化もしている様です。

スペランカーの入手について

ファミコンカセット本体の価格は1000円程度、かつ若干品薄なので、
ゲーム自体の入手はやや難しいです、ただしWiiU及び、3DSにて、
バーチャルコンソールが配信されており、値段も500円程度と、
本体を入手するよりも安価で入手できるので、今からプレイするのであれば、
こちらのバーチャルコンソール版がオススメです。

スペランカー [3DSで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]

463円

スペランカー [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]

463円

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ