サブコンテンツ

スポンサーリンク

ゼルダの伝説 夢をみる島

ゼルダの伝説 夢をみる島

ゼルダの伝説 夢をみる島とは?

ゼルダの伝説 夢をみる島は1993年に任天堂から発売されたアクションRPGです、
1993年と言えばジュラシックパークやアラジン、ドラえもんのブリキのラビリンスなど、
面白い映画が沢山公開されていたような記憶があります、

ゲームボーイでゼルダの伝説が登場したのはこれが初めてで、
ひょっこりひょうたん島の様な人形劇のCMが印象的で、
CMの「また出るゼルダの伝説ー~♪」のフレーズが癖になる雰囲気で、
筆者の学校では一時期、妙に流行った記憶があります、

ゼルダの伝説 夢をみる島は難しい?

筆者は「夢をみる島」が初めてのゼルダの伝説であったこともあり、
不慣れな謎解きに四苦八苦し、詰まるたびに持ち主である友達に助言を貰いながら、
進行させていた様に思います、ただし主に苦戦したのはダンジョンの仕掛けではなく、
ダンジョンにたどり着くまでの過程、どのアイテムやイベントをこなせば、
先に進めるかが一切わかっておらず、ひたすらに平野を駆け回っていた記憶があります。

穴掘り勇者リンク

物語の途中で手に入るアイテム「スコップ」、地面を掘ることでアイテムが入手できます、
通常ゼルダの伝説では敵を倒したり、草やツボを壊すことでアイテムを入手するのですが、
このスコップは掘れる地面であれば何処でも行うことが出来たので、
筆者は小遣い稼ぎにと、移動の度に地面に穴を掘っていた記憶があります、

また剣とスコップを両方セットしてABボタンを同時押しするとスコップで攻撃が可能、
穴を掘りながら敵を討伐し、ダブルで現金収入を獲得していました、
それ故リンクの通った道はそこらじゅう穴だらけ、島の住民から苦情が出そうな勢いです、
まあマップをスクロールすればキレイさっぱり穴は塞がるんですけどね、
今思えばどうせ後半お金なんて余るのに無駄な努力をしたものです。

お店ものを盗ったらドロボー

島のお店で販売している「弓矢」、遠距離からダメージを与えることが可能な便利な武器で、
一部のボスはこれが無いと非常に苦戦する半ば必須装備なのですが、
値段は何とリンクのお財布上限である999ルピー、ゲーム序盤では到底支払うことの出来ない額、
ゲームを借りた友人に助言を貰い、アイテムを持って外へ出れば万引き出切ることを知り、
いざ実行、店主が目を離している時に時間はわずかの為、タイミングはややシビアでしたが、
無事弓の万引きに成功!その時は喜び勇んでいましたが、
数刻達、ふとお店に立ち寄ったら物々しいBGMと共に店主に睨まれ、
店主が放った謎のビームをリンクはもろに喰らってみるみるハートが無くなり、
復活の薬があっても一撃即死、オマケにこのイベント以降は名前がドロボーに固定され、
ヒロインのマリンにすら「ドロボー」呼ばわりされる手ひどい仕打ちを受けたのでした、
後々考えればこのゲーム、お金の使い道が殆どない為、後半まで素直にお金を溜めて、
きちんと弓を購入した方が無難だったことが分かりましたが、後の祭りでした・・・

ノーコンテニューのごほう・・・び?

ゲームのクリアを借主の友達に報告すると、友達からノーコンテニューでクリアすると、
エンディングシーンでヒロインのマリンが登場してくれると聞き、
友達のノーコンテューのセーブデータを借りてクリアを実行、

エンディングの一枚絵にかぜのさかなと共に、マリンも登場するのかな?と思い、
エンディング画面をまじまじと見る筆者、しかし特に変わったシーンは確認できず、
結局ほぼ最後まで変化がありませんでした、異変が起こったのは本当にラストのシーン、
「THE END」表示が出たシーンで羽(?)のついたマリンが横切るではありませんか、
しかし大きな画面でキャラクターの表示は小さいせいか、まるで虫が飛んでいる様にしか見えず
(マリンファンの方すみません・・・)当時の筆者はさぞかし落胆したものです。

例のシーンは8:33辺りで確認することが出来ます。

ゼルダの伝説 夢をみる島の入手について

ゼルダの伝説 夢をみる島は中古であっても100円程度と入手は容易です、
またゲームボーイカラーにて夢をみる島DXとしてリメイクされた他、
3DSにてリメイク版の夢をみる島DXが配信されています、
通常の夢をみる島は配信されていない為、通常版がお好みの方がカセットを、
そうで無い方は3DSのバーチャルコンソール版をオススメします。

ゼルダの伝説 夢をみる島DX [3DSで遊べるゲームボーイカラーソフト][オンラインコード]

555円

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ