サブコンテンツ

スポンサーリンク

ドラゴンクエストⅤ

ドラゴンクエストⅤとは?

ドラゴンクエストⅤはドラクエ初のスーパーファミコン参入タイトル、
1992年に旧エニックス、現スクウェア・エニックスから発売されました、

勘違いされがちですが、エニックス自身はドラクエの販売サポートを行っているだけで、
ソフトの開発自体には関わっておらず、開発を担当したのは風来のシレンなどでも知られる
チュンソフト、ドラクエⅤを最後に以降は別の会社が開発を担当することとなります。

倒したモンスターが仲間に!

ドラクエⅤで新しく実装されたシステムで、敵モンスターを仲間に出来るというもの、
「倒したモンスターが起き上がり、仲間になりたそうにこちらを見ている」のフレーズが有名、
「仲間になりたそう」ってどんな目つきだよ、と突っ込みたくもなりますが、
仲間になったモンスターは他のキャラクターと同様にレベルや装備で強化が可能で、
モンスターのよっては主人公よりも強くなる場合も、
全てのモンスターを仲間に出来るわけではありませんが、ある程度好きなモンスターを
パーティに選別して連れて行けるので、この辺りは後々のポケモンに近い感覚でプレイできます、
筆者が好んで連れていったのは「ばくだんベビー」の「ニトロ」、
素のステータスが高い上に割といろんな装備が身につけられるので攻守の要になってました、
ただしレベルの上限が低く、序盤ですぐにレベルがカンストしてしまうので、
後半のインフレについていけず、泣く泣くパーティから外した苦い思い出があります。

ドラゴンクエストⅤのストーリー

親子三世代にわたる壮大な冒険というフレーズが前面に出されていますが、その物語は
父親と死別、奴隷人生、妻や子ども達との離別など、何かとハードな人生を送る主人公、
ここまでハードな人生を背負っている主人公も珍しいのではないでしょうか、
筆者が個人的に最も好きなシーンは主人公が石像にされた後、
主人公の子ども達と召使のサンチョが主人公を助けに来てくれるシーン、
赤ん坊だった子ども達が成長し、主人公を探し当てるまでにどれだけの苦労があったのか、
子ども達を立派に育ててくれたサンチョとグランバニアの親戚達への感謝の気持ちなど、
シーンでは一瞬ですが色々創造する余地が残されており、涙を誘います。

子ども達が主人公を探し当てるまでの道のりにスポットを当てたスピンオフ作品の
ドラゴンクエスト天空物語では主人公が知ることの出来なかった、
子ども達の成長の過程と苦労の道筋が描かれています、
特にマンガ内のラストシーン、主人公と再開する場面は原作のセリフの一字一句まで、
しっかり再現されており、漫画家さんのこだわりを感じます。
著作者は4コママンガ劇場などで活躍されていた幸宮チノさんです。

ドラゴンクエストⅤの入手について

ドラゴンクエストⅤは何度もリメイクされており、ゲームをプレイするだけなら容易です、
まずキャラクターがポリゴンになったPS2版、新しい嫁候補が増えたNDS版、
スマホでプレイできるandroid版とios版、既に3回以上リメイクされている他、
大本のスーパーファミコンソフトも中古価格は100円以内で購入出来るので入手も容易です、
バーチャルコンソールは残念ながら現状配信されておりませんが、
入手の機会も多く、配信の必要は無いのかも知れません。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ