サブコンテンツ

スポンサーリンク

ドラゴンボールZ 超武闘伝2

ドラゴンボールZ 超武闘伝2

ドラゴンボールZ 超武闘伝2とは?

ドラゴンボールZ 超武闘伝2とはバンダイから1993年に発売された格闘アクションゲーム、
ドラゴンボールさながらのバトルが可能で、舞空術やエネルギー弾もワンボタンでOK、
上位の必殺ワザを使用したり、ヒットさせると特別な演出が入ったりなど、
相手のかめはめ波にビッグバンアタックを打ち返して応戦したりなど、

ドラゴンボールZ 打ち返し演出

ドラゴンボールのキャラゲーでありながらも、ゲームとしての質も非常に高水準で、
原作のドラゴンボールさながら、縦横無尽にキャラクターを操作できる感覚は特筆しがたく、
筆者の周りでは超武闘伝旋風が巻き起こっておりました。

ゲーム中にいつでもトレーニング

格闘というと今ではトレーニングモードを実装しているのが当たり前になっていますが、
ゲーム中にコマンドの練習が出来るのは筆者が知っている限りこの超武闘伝2だけです、
やりかたはゲーム中にポーズボタンを押し、セレクトボタンを押すと出てくる、
オプションメニューから、コマンドヘルプで好きなキャラクターを選択するだけ、
各技のコマンドが表示され、コマンドを選択するとキャラクターが表示され、
入力に成功するとキャラクターが動き出します。

当時格闘ゲームを殆どやったことの無かった筆者は、
かめはめ波のコマンドが上手く入力出来ず、ソフトを持っている友人にお願いして、
ひたすら練習させてもらった記憶があります、その甲斐あってはコマンド入力は安定し、
ほぼ失敗せずにかめはめ波が打てるようになりました、今でも指は憶えています。

対戦中ではご法度の禁じ手

空中では何故か下段ガードが出来なくなる為
足払いやスライディングなどのダウンの取れる下段攻撃を、
相手の起き上がりに重ね続けることで、簡単に相手を倒すことが出来ます、
CPU戦などでも有効なのでどうしても勝利できないときはお試し下さい、

ただし無論対人戦でも有効なので、こればかり狙うと対戦が成り立たず、
友達に対戦してもらえなくなる危険性があります、
筆者が友達と対戦するときは空中戦では下段攻撃禁止の紳士協定のもとプレイしていました。

オープニング中の「カカロットォ・・・」×n回

超武闘伝2のウラワザにオープニング画面中に「↑X↓BLYRA」と入力すると、
ブロリーの「カカロットォ・・・」という音声が流れ、隠しキャラクターが開放されます、
入力は一回成立すれば開放されるのですが、何故かコマンド成功後も入力を受け付けていて、
何度の入力すると連続でブロリーが「カカロットォ・・・」と呟きます、
当時オープニング画面で何度呟かせられるかを競い新しい遊び方が流行ってました、

どうやらこの遊び方をしていたのは筆者だけではなかったようで、
幾多の人が最高記録に挑戦していることがわかりました。
ついにはツールの力を借りて極限まで呟かせる人まで現れる始末、

・・・そういうゲームじゃないからこれ。

ドラゴンボールZ 超武闘伝2の対人戦のポイント

演出の派手な「かめはめ波」などの強力な気弾技を使いたくなるところですが、
これらの攻撃に対する防御手段が豊富で、特に「←/↓A」で行える弾きは、
気を消費せずにダメージを大幅に減らすことが出来る為、
これらを活用されると気の消費に対してダメージに割が合わなくなります、

ドラゴンボールZ かき消し演出

基本的にはこれらの技を使用するのは相手が気絶した時にとどめて、
近接戦闘で勝負するのが基本になります、近接戦闘では足払いやスライディングなどの、
ダウンが取れる行動を積極的に行うと、攻撃チャンスが増え対戦で有利に立ち回り易いです。

ただしCPU戦では話は別、CPUは遠距離では棒立ちになることが多く、
遠距離でひたすた気を溜めて「かめはめ波」でレベルの高いCPUも簡単に倒せます。

ドラゴンボールZ 超武闘伝2の入手について

ドラゴンボールZ 超武闘伝2は中古やで100円前後で購入可能で、
入手は容易です、また3DS用の「バンダイナムコゲームスPRESENTS Jレジェンド列伝」にて、
本作が収録されている他、他の名作ジャンプゲームもプレイ可能なので、
今からプレイするならコチラがオススメです。

バンダイナムコゲームス PRESENTS Jレジェンド列伝

3337円

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ