サブコンテンツ

スポンサーリンク

バトルトード イン バトルマニアック

バトルトード イン バトルマニアック

バトルトード イン バトルマニアックとは?

バトルトード イン バトルマニアックとは、1993年に発売されたアクションゲーム、
開発はスーパードンキーコング等で知られるレア社、
バトルトードはドンキーコングを開発前のレア社の看板タイトルで、
ゲーム内のグラフィック、BGMは全体的に水準が高めですが、難易度も結構高め、
難易度の高さ故に、ライトユーザーからはクソゲー扱いがちなゲームですが、
やり込めばやり込むほどに味の出るゲームなので、是非クリアまで遊んで欲しいゲームです。

友人が持ってきた極悪難易度のゲーム

バトルトード ボーナスステージ

筆者がこのゲームを知ったのは、学校の友人が筆者の家に持ち込んだのがきっかけ、
二人同時プレイが可能でわいわいやるには楽しいゲームだ、と始め方は思いましたが、
ステージが進んでくるとこのゲームの難易度の高さが牙を剥き出し始め、
「皆でわいわいプレイするゲームだ」という認識は誤りだということに気づきはじめます、

当時購入したゲームは全てクリアしており、ゲームの腕前には少々自信のあった筆者、
筆者に対する挑戦状であると勝手に思い込み、
家に呼ぶときは毎回本作を持って来てもらう様に、友達にせっついていた記憶があります、
やり込みの末に何度もゲームオーバーになりながらも、遂には攻略法を編み出し、
最終的には安定してクリア出来るまでに成長したのは今となっては良い思い出です。

バトルトードの3ステージ目の攻略方法

基本的に初見殺しの多いゲームなので、何度もプレイして難所を覚えることが必要になります、
しかし本ゲームのコンテニュー回数は無限ではなく、初めての方は難所の多い3ステージで、
ゲームオーバーになることが多いと思います、「道中は死んで覚えてください」
としか言えない場面が多いですが、この3ステージの終盤だけは特別で、
画面が恐ろしい速度でスクロールするため、記憶力では無く操作性が重要になります。

3ステージの終盤を乗り切るポイントは、上下の境界線となる部分で、
上下に細かく操作して迫ってくる壁を小刻みに避けること、
大回りで避けると高速で押し寄せる次の壁を避けきれず衝突します、
ある程度の慣れは必要ですが、慣れれば安定してクリアすることが可能です。

攻略の要は残機を増やすこと?

コンテニューするとそのステージの最初まで戻されてしまう為、
ステージを攻略には大量の残機は欠かせません、しかし通常残機を増やせるのは
ステージの合間に挟むボーナスゲームくらいですが、実はそれ以外にも増やす方法があります、

バトルトード ハチ

その方法は2面で登場するハチを叩くこと、ハチを攻撃すると亡骸が画面を飛び交いますが、
亡骸のハチを5回連続で叩き続けると残機を一機増やすことが出来ます、
叩き続けるのは少々コツがいりますが、慣れれば安定して5回叩けます、
幸いハチはステージ2に大量に出てくるので、上手くいけば残機を大量に獲得するチャンス。
残機を増やして後々の極悪ステージに備えていこう。

バトルトード イン バトルマニアックの入手について

バトルトードは現在ソフトの価格が8000円程度と
プレミア価格となっており、入手は困難です、
またバーチャルコンソールなどでの配信も現状行われていない為、
プレイ環境を整える難易度も非常に高いです、
ゲームの難易度だけでなく入手難易度も高いという色々とゲーマー泣かせなゲームです・・・

スポンサーリンク

2 Responses to “バトルトード イン バトルマニアック”

  1. レア社ファン より:

    記事読ませていただきました!
    バトルマニアックスクリアした人がいたとは。
    キャラがでかいこともあって画面視野が狭く
    障害物に気がつく頃にはやられるってことが多くて
    かなり難しい作品ですね。

    是非続編「バトルトード アーケード」も挑戦してみてほしいです!
    XboxOneのレアリプレイに収録されてます。

    さらに日本版よりも凶悪でシリーズ最高難易度と思われる
    NES版「バトルトード」も入ってるので
    これもなかなかヤバいですよ。

    • mohito より:

      レア社作品いいですよね、
      バトルトードやドンキー、バンジョーとカズーイも筆者は好きでした、
      XBOXは所持していないのでプレイは難しいですが、
      中古ショップでファミコン版バトルトードを探してみようと思います、
      情報提供ありがとうございました!

コメントを残す

このページの先頭へ