サブコンテンツ

スポンサーリンク

パロディウスだ!

パロディウスだ!

パロディウスだ!とは?

パロディウスだ!はコナミから1990年に発売されたシューティングゲーム、
名前の通り同社から発売されたグラディディスをセルフでパロディした作品で、
ひたすら硬派だったグラディウスとは一変して、敵も味方もおかしなやつばかり、
画面が賑やかで見ているだけでも楽しい作品でした。

パロディウスだ!

パロディウスのペンギン

味方がペンギンなら敵もペンギン、味方もボスもタコと
シューティングゲームって何だっけと言いたくなるような場違いな動物ばかり、
中でも特異などの3面のボス「ウーンボットン」名前も酷いが見た目も酷い、
オマルに襲われるゲームは筆者が知る限りこのパロディウスくらいである。

ウーンボットン

オプションを最大4個装備可能!

元作品のファミコン版グラディウスでは、オプションが最大2個までしか装備できず、
アーケード版をプレイした人には不満があったのですが、
このパロディウスでは原作で出来なかった、最大4個のオプション装備が可能!
ただしかなり無理をしている為か、後述の「ラグ」が発生するのでした。

「ラグ」ディウスだ!

しかし無理が祟ってか、オプションやサブ武装といったパワーアップを重ねると、
ファミコンのハードの限界なのか、酷いレベルでラグが発生し処理落ちが発生します、
さらにゲームの後半になれば敵の数や敵の撃つ弾が多くなり、
自機が全くパワーアップしていない状態でもラグが発生するし始末、
実際ゲーム中の大半はラグが発生している為、これではパロディウスではなく、
「ラグ」ディウスと言われても仕方の無い状態である・・・

パロディウスだ!の攻略法

グラディウスと同様に一度やられてしまうと、パワーアップを全て失い、
途中の地点から復活しますが、攻撃の激しい道中で復活すると、
パワーアップアイテムがまともにとれず詰まってしまうことも、
ただしミスをした場合でもパワーアイテムを一個分だけ持ち越すことが出来ます、
アイテム1個ではスピードアップしかできませんが、1速と2速では攻略に雲泥の差が出ます、
なのでパワーアップ操作をマニュアルにして、アイテム一個は残すように立ち回ると、
ミスをした後の復帰がしやすいかと思います。

パロディウスだ!の入手について

ここでレビューした「パロディウスだ!」はファミコン版の作品ですが、
スーパーファミコンにて「パロディウスだ!神話からお笑いへ」でリメイクされている他、
ファミコン版の元になったアーケード版がPSPにて「パロディウス ポータブル」に
収録されています、バーチャルコンソールこそ配信されていないものの、
様々な機種にリメイクされていますので、お好みのハードで購入されると良いかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ