サブコンテンツ

スポンサーリンク

ファイナルファンタジーV

ファイナルファンタジーV

Final Fantasy 5 タイトル

ファイナルファンタジーVとは?

ファイナルファンタジーVは1992年にスクウェアから発売されたロールプレイングゲーム、
1992年といえば、ジブリから紅の豚が公開されました
クレヨンしんちゃんやが始まったのもこの時期で、当時のしんちゃんは今よりも更にお下劣で、
お母様方が子どもに見せたくないという、不名誉な称号をもらっていたような記憶があります、
幽遊白書のアニメ化もこの年、当時の富樫さんはまだ連載を頑張っていた時期でした・・・

FFV当時のCMはコチラ、チョコボが敵の攻撃を避けていますが、
ただし一緒に戦ってくれるのは召喚魔法を使用したときだけで、
一緒に戦ってくれるわけではないのでご注意を。

FFでは珍しいハーレムパーティ

見た目と海賊の頭という肩書きから作中では序盤男と間違えられる女海賊ファリス、
後半で負傷したガラフの替わりに入れ替わる孫娘のクルル
最終的に近年のライトノベルよろしくな、ハーレムパーティな展開となってしまいます、
男女比率を1:1にすることにこだわりを持つ筆者としては少々憤慨です。

バランス崩壊を余儀なくされる壊れアビリティ達

FF5といえばジョブチェンジのシステムが印象的です、
ですが問題なのは一部のジョブのアビリティが強力過ぎて、
他のアビリティを使用する意味が薄れてしまうことが多いこと、
特に「狩人」が習得できる「みだれうち」はあまりにも強力、
その効果は威力の落ちた通常攻撃をMP消費無しで4連続で放つというもの、
「忍者」の二刀流と組み合わせれば、コスト無しで8連続攻撃が可能!
使い方次第で光るアビリティは多数ありますが、この単純ながらも強力なこの組み合わせは、
知識の乏しい一週目でも大いに活躍してくれました、
むしろ筆者は後半、ほぼこれしかやってませんでした、スクウェアさんすみません。

宝箱の中からこんにちは「しんりゅう」
かなり長丁場だったラストダンジョン、先を抜けるとクリスタルの大地で彩られ、
宇宙を背景にした幻想的なステージに到着、ラストダンジョンの雑魚敵達は確かに強いけれど、
先述の強力なアビリティを習得したバッツ達が苦戦することはありませんでした、
そんな時、ラスボス1歩手前に設置してある宝箱を開けた時に悲劇はおこりました、

宝箱からはモンスターが出現したメッセージ、どうせミミックの様なハズレモンスターでも、
中から出てくるのだろうと思いきや、どうやって中に入っていたのか不思議なくらいの、
巨大な龍が出てくるではありませんか、皆さんご存知、FF5最強モンスター「しんりゅう」です、
「しんりゅう」は出現するとすぐさまに即死級の全体魔法を放ってきてパーティは一瞬で壊滅、
あまりの突然の出来事に筆者はしばらく呆然としていた記憶があります、
しばらくして我に帰り、最後のセーブ地点を確認、大分手前まで戻されてました・・・

ファイナルファンタジーVの入手について

ファイナルファンタジーVは流通量も多く、中古ソフトは100円程度で入手可能です、
またプレイステーションやゲームボーイアドバンスにてリメイクがされている他、
iiUにてバーチャルコンソールも配信されています、
当時の環境そのままでプレイするのも良いですが、手軽にプレイしたい方は
それらを利用するのが良いかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ