サブコンテンツ

スポンサーリンク

ボンバーマン

ボンバーマン

ボンバーマンとは?

ボンバーマンは1985年に今は亡きハドソンから発売されたアクションゲームです、
ボンバーマンと言えば後期になればプレイヤー同士の対戦に主軸が置かれることが多いですが、
この元祖ボンバーマンはステージクリア型の一人プレイ様のモードしかなく、
対戦などのシステムが導入されるのはボンバーマンⅡ以降の作品となります。

ボンバーマンの攻略法

後のボンバーマンとは異なり、初代ボンバーマンはステージに1個しかアイテムがありません、
ステージ自体も2画面分で非常に広く、この隠されたアイテムを探すのは一苦労、
さらにはミスをすることで多くのパワーアップアイテムは失われてしまうので、
アイテムを見つけれられる運とミスをしない精密な操作が求めれれます、
その代わり多くのアイテムは強力で特に好きなタイミングで爆発可能な「リモコン」と、
自分の爆弾の爆弾に当たっても平気になる「ファイヤーマン」は特に強力、
爆風の上で爆弾を設置し、その爆弾を誘爆させることを繰り返し、常に火柱を上げながら移動、
敵の討伐と壁の破壊を一気に行える通称「あばれはっちゃく」のテクニックが非常に強力
「ファイヤーマン」のアイテムを入手したら是非試してみてください。

ボンバーマンは悪役!?

ボンバーマンの初登場はこのボンバーマンではなく、ハドソンのアクションゲーム、
ロードランナーが初出で、しかも敵役として登場したというのは有名な話、

ロードランナー時代のボンバーマン

本ゲームのボンバーマンは元々人間になりたいという願望を持っており、
この迷宮を突破出来れば人間になれるという噂を聞いたのが冒険のきっかけであります、
当時のボンバーマンは何かと背負うものがあり、その努力が実り一介の雑魚敵から、
後々ハドソンの看板キャラクターを担うまでに大出世します、
とは言ってもゲーム内では迷宮を突破しても最初の階層に戻されてしまうため、
ゲーム内では永久に脱出することはないんですけどね・・・

ありがとう、さようならハドソン・・・

ボンバーマンを開発したゲームメーカー「ハドソン」ゲーム黎明期の頃は、
ボンバーマンを初めとして、スターソルジャー、PC原人、高橋名人の冒険島、
天外魔境シリーズや桃太郎シリーズといった名作ゲームを数多く排出してきましたが、
後期では新しいヒット作に恵まれず、桃太郎電鉄のナンバリングで細々と続けていた印象、
最終的にはコナミに合併され、事実上のハドソンの消滅という悲しい結末を辿りました、
一部の作品はコナミから続編が出されてるものの、中々折り合いも悪いようで、
桃太郎電鉄で知られるさくまあきらさんとコナミさんとで真っ向から対立していたらしく、
桃太郎電鉄は近年、任天堂さんが権利を買い取ったという話が一時期話題になりました、
ゲームの事情を大人の視点で見るのは少々辛いですが、
ハドソン作品が今後も発売される希望が持てる点は嬉しいところです。

ボンバーマンの入手について

ボンバーマンは中古ショップで500円から1000円程度で取引されており、
お店での取扱っていることが多く、入手は容易です、
ただしボンバーマンは現在バーチャルコンソールで配信されておらず、
プレイするにはファミコン本体とカセットを揃えるか、
ゲームボーイアドバンスで発売されたファミコンミニの移植作を手に入れる必要があります、
そちらも500円程度で入手可能なので、持っているハードに応じて、
お好みで購入するカセットを選択されると良いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ