サブコンテンツ

スポンサーリンク

ポケットモンスター赤・緑・青・ピカチュウ

ポケットモンスター赤緑

ポケットモンスターとは

ポケットモンスターは1996年に任天堂から発売されたRPGです、
何十年にも渡り架空キャラクターのアイドルとして、子ども達の人気者になるピカチュウの
初出の作品です、ゲームだけでなく多数のマンガ作品や、地上波でアニメも放送され、
当時小学生だった筆者の周囲にポケモン旋風が巻き起こっていた記憶があります。

ポケモン青で参入して色々泣きを見た筆者

発売当初は赤と緑しかありませんでしたが、後々ローソン限定で
ポケットモンスター青が販売され、ポケモンを知ったのが少々遅れた筆者はコチラを購入、
ですがこれが悲劇の始まりで、基本的にポケモンは一色のバージョンでは、
全てのポケモンを揃えることができず、図鑑をコンプリートするためには、
赤と緑の二色以上のバージョンが必要でした、赤と緑は相互に足りない部分を補完できますが、
青は両方の色を中途半端にカバーしているので、結局赤・緑両方のバージョンが無ければ、
図鑑をコンプリートできないという、かなり面倒な仕様になっていました、
緑は妹のポケモンで何とかなりましたが、図鑑コンプの為に赤を持つ友達を探したものです。
交換限定のポケモンが野生で出現しますが、カモネギとかルージュラとは別にいらない!!

初めての対戦はボロ負け

ポケモンと言えば交換もいいけど、やっぱり対戦、筆者は友達との対戦に備え、
一番レベルを上げやすい四天王戦を何百週と行いレベル100のポケモンを沢山量産したものです、
後々念願かなって対戦する機会があったのですが、相手が使いポケモンは何と「ミュウツー」!
当時から現在にかけて未だに最強の名を欲しいままにしていたポケモンで、
普通にやったらまともに勝負になりません、こちらの主力2体で何とか撃破したものの、
次に繰り出してきたのもミュウツー、結局以降は一体も倒せずに対戦は終わりました、
後で聞くと6体全てミュウツーで揃えてきたようで、全く勝ちの目は無かったようです。

マンガ版ピッピの風評被害


ゲームとほぼ同時期にコロコロコミックでマンガのポケモンが連載していましたが、
主人公は赤の主人公のレッドっぽい人と、ゲーム版とは似ても似つかない可愛くないピッピ、
ピカチュウも後々加わりますが、コロコロ特有の子供向け表現が満載で、
国民的アイドルにウ○コさせたりなど、任天堂さんは良くこれを許したなと今では思います、

アニメと異なり基本ポケモン達は普通に日本語で会話出来るのですが、
語尾に無理矢理話すポケモン特有の語尾が付き、ピッピなら全ての語尾に「ッピ」と付けます、
モチロン攻撃の掛け声や攻撃を受けたときもこれらが付くので、
「ウリャーッピ」とか、「これでも喰らえッピー」とは「ギエピー」とか何だか変な感じに、
特に最後の言葉はインターネットでは特に有名ですね。

ゲーム中には「ピッピ人形」といったピッピをモチーフにしたアイテムがある辺り、
開発陣は当初ピカチュウではなく、ピッピをアイドルにする予定だったのではないか?
と筆者は思っていましたが、結局ピカチュウにお株を奪われ、
続編のルビー&サファイヤでは、まさかのピッピ降板とゲーム内でも酷い扱い、
子ども達への人気が微妙なのは、多分このマンガの風評被害のせいだと思うんですけど・・・

ポケットモンスター初代はバグの宝庫!

当時からポケモンには色々なバグがあり、有用なものから面白いものまで本当に何でもアリで、
特に有用だったものはポケモン増殖、相手にポケモンを送ったと同時に電源を切ると、
自分の持つポケモンのコピーが相手に送られるというもの、
これを利用すると「ミュウツー」等の貴重なポケモンを量産出来、図鑑集めが捗ります、

また普通は入手出来ない「ミュウ」が出現したり、「カイリュー」に「かえんほうしゃ」等、
通常習得できない技が習得出来るなど、他にも有用なバグはたくさんありました、
バグでしか習得の出来ない「ワザマシン46」なども一部では有名です、
回避率がグーンと上がるというとんでもない性能で対戦では封印していた記憶があります。

ポケットモンスターの入手について

ポケットモンスターの流通量は多く、ソフト単品は100円程度で入手可能です、
また後々ゲームボーイアドバンスでリメイクされた他、
2016年2月27日にバーチャルコンソールも配信予定の為、
プレイ環境を整えるのは容易です、お好みの作品をプレイされると良いと思われます。

ニンテンドー2DS 『ポケットモンスター 赤』限定パック

13650円

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ