サブコンテンツ

スポンサーリンク

ポケモンGOと初代ポケモンの違い・トリビアまとめ

世界中で大人気のポケモンGO、筆者も絶賛プレイ中、配信前よりも外出が楽しくなりました、
出現するポケモンは「カント地方」と呼ばれる初代赤・緑(+青・黄)のキャラが中心で、
ポケモンの流行と共に育ってきた方達には嬉しい仕様なのではないでしょうか、
ここでは初代ポケモンとポケモンGOとで変化してきたことなどをご紹介していきます。

ピッピやコイルのタイプが違う!?

pippi
ポケモンGOではピッピは「フェアリータイプ」、コイルは「でんき/はがね タイプ」ですが、
「フェアリータイプ」はポケモンXYから実装、
「はがねタイプ」はポケモン金銀から実装されたタイプで、
初代ポケモンではどちらも今とタイプが違っていました、
ちなみに初代ではピッピは「ノーマルタイプ」、コイルは「でんきタイプ」となります。

ヒトカゲやフシギダネは最初に取らないとアウト!?

アナタはポケモンGOでは最初捕獲するポケモンは誰にしましたか?
「ヒトカゲ」「フシギダネ」「ゼニガメ」の初代ポケモンで最初に渡される三種から選ぶ
というのはとても感慨深いですね、ポケモンGOでは出現率は低いものの、
選ばれなかったポケモンの後で捕獲するチャンスがありますが、
初代ポケモンの場合、そこで選ばれなかったポケモンはその冒険中、
二度と捕獲のチャンスがありません、ポケモン図鑑の完成にはトレード機能が必須でした、
この他にも道場主から貰う「エビワラー」、「サワムラー」
化石を復元して入手する「カブト」、「オムナイト」、
進化先が複数あるのに冒険中一匹しか入手出来ない「イーブイ」など
初代ポケモンではチャンスを逃すと後々捕獲が出来ないポケモンが沢山いました。

りゅうのいぶきやドラゴンクローが無い!?

kairyu-
ポケモンGOでは現状「カイリュー」が最強ポケモンと言われています、
ジムの攻略の際「カイリュー」の放つ「りゅうのいぶき」や「ドラゴンクロー」に
苦戦したという方が結構いらっしゃるのでは無いでしょうか、

ですが初代ポケモンでは「ドラゴンタイプ」の技は「りゅうのいかり」たった一つしかなく、
前述の二つの技は初代ではどちらも使うことが出来ませんでした、
「ゴーストタイプ」「むしタイプ」も技の種類が少なく、タイプを活かして戦うのは困難、
そのため初代では弱点が付き難い「エスパータイプ」一強と言われていました。

ゴーストの攻撃がエスパーに効かない!?

ポケモンGOでは技の種類は大幅に増え、「むしタイプ」は「メガホーン」や「むしくい」
「ゴーストタイプ」は「シャドーボール」や「シャドークロー」など、
エスパータイプに有効な攻撃があるため、「エスパータイプ」一強では無くなりました、

ですが初代ポケモンでは一部のタイプ相性が今と異なっており、
実はゴーストタイプの攻撃はエスパータイプに全く効きません、
ゲーム内で「エスパータイプにはゴーストの攻撃が有効」的なセリフがあった記憶があるので、
恐らくバグだったのでは無いかと思われます。

シオンタウンで捕獲した「ゴース」で11番どうろの「スリープ」と遭遇し、
初代唯一のゴーストタイプの攻撃技、「したでなめる」を使えばわかります、
初代ポケモンではダメージ固定技や補助技はタイプ相性の影響を受けないという仕様の為、
当時のゴーストメイン技「ナイトヘッド」や「あやしいひかり」はエスパーには効いたため、
案外知らなかった方も多かったのではないでしょうか。

タマゴがなかった

tamago
ポケストップで入手可能なポケモンのタマゴ、何が出てくるかは孵化してからの楽しみ、
孵化したポケモンに一喜一憂している筆者ですが、
初代ポケモンではタマゴというシステムがまだありませんでした、

タマゴが実装されたのは金銀からで、育て屋さんに預けた二体のポケモンの相性が良ければ、
ポケモンのタマゴが貰えました、孵化に歩数が必要なのは相変わらずですが、
孵化するポケモンは基本的にその時預けた♀のポケモンが孵化します、
博士から貰える三種のポケモンや一部の貴重なポケモンを増やすことが出来たので、
ポケモン金銀では初代ポケモンよりも図鑑の完成がスムーズに出来た記憶があります。

レベルアップのアメは有限、ほしのすなは存在しない!?

ポケモンGOではポケモンを捕獲することで入手出来る「アメ」や「ほしのすな」
ポケモンの強化や進化に欠かせないアイテムです、
初代ポケモンでレベルアップに使用する「ふしぎなアメ」はお店で購入できず、
入手する手段も限られる貴重品で、貧乏性な筆者は結局一つも使わなかった記憶があります、
「ほしのすな」も当時は存在せず、次回作の金銀シリーズで追加されましたが、
効果は「売却時の価格が高い」だけで、特別な効果はありません、
換金アイテムなら「きんのたま」の方が高額なので、原作では立ち位置が微妙なアイテムです。

トレードしないと進化しないポケモンがいた!?

ghost
ポケモンGOでポケモンを進化させるには各ポケモンと「アメ」と「ほしのすな」が必要です、
素材の必要数は各ポケモンごとに異なりますが、ポッポを進化に必要な素材が少なく、
レベル上げの為にひたすたポッポを進化させるトレーナーが少なくないのだとか、

初代ポケモンでは大抵のポケモンはレベルアップで勝手に進化します、
イーブイなど一部のポケモンは「かみなりのいし」などの進化アイテムを使用します、
中でも特殊なのはトレードすることで進化するポケモンでしょう、
ユンゲラーやゴースト、ゴーリキー、ゴローンなどがそのタイプで
特にユンゲラーやゴーストはそのポケモン自体が強力だったため、
周りに通信ケーブルとポケモンを持っている友人を探した方が多かったのではないでしょうか。

ポケモンGOと初代ポケモンの違い・トリビアまとめ

初代ポケモンとポケモンGOの違いについてご紹介しましたが如何だったでしょうか、
近年はあまり元気のなかった任天堂さんですが、ポケモンGOを機に
元気を取り戻してくれたことに筆者は素直に喜びを感じています、
これからもポケモン世界が活気にあふれることを切に願っています。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ