サブコンテンツ

スポンサーリンク

ヨッシーのたまご

ヨッシーのたまご タイトル

ヨッシーのたまごとは?

ヨッシーのたまごは1991年に任天堂から発売されたパズルゲームで所謂落ち物パズル、
タイトルの通り、ワリオワールドにて登場したヨッシーを前面に押し出した作品で、
元々の主人公であるマリオは、今回はプレイヤー操作を請け負うサポーター役に留まります、

当時のCMでもヨッシーが前面に押し出されており、
当時の私の界隈では「ヨッシーが喋った!?」と話題になったものです。

当時のゲームCMはゲームキャラクターがアニメで動いたり、
ゲームの登場人物の格好をして映画の一シーンの様に見せたりなど、
見ていて飽きないCMが多かったように思います。

ヨッシーのたまごのゲームシステム

上から降ってくる四種類の敵キャラクターをキャラクターを重ねるか、
ヨッシーのたまごで挟むことで敵キャラクターを消すことが出来ます、
多くのモードはフィールドの敵キャラクターを全消しすればクリアとなり、
敵が出現する一番上まで積みあがってしまうとゲームオーバーとなります。

ヨッシーのたまごのグラフィック

ヨッシーはスーパーファミコンスのマリオワールドにて初登場したキャラクターですので、
ヨッシーのたまごが発売されたこの時、既にスーパーファミコンが出回っており、
ファミコン終盤に登場した作品と言えます、それゆえゲームのグラフィックの質は良く、
ゲーム画面はシンプルながらも、洗練されており非常に見やすいです。

ヨッシーのたまごの攻略法

ヨッシーのたまごを攻略する上で欠かすことが出来ないのが、
画面に出てくる上と下の破片に分かれたこのヨッシーのたまご、

ヨッシーのたまご 一気に

上と下のたまごを重ねると、間に挟んだ敵キャラクターは全て消滅し、
挟んだ数に応じてスコアが入ったり、対戦相手に出る敵キャラクターの数を増やしたりなど、
様々な有利な効果がありますが、「多く挟む」ということはそれだけ高く積み上げるということ、
高く積み上げれば、当然ゲームオーバーのリスクも高まり、
高レベルになり敵の数が増えてくれば、最悪詰みとなる危険性もあり、
ただ単に多く挟めばいいという訳ではないのが、このゲームの奥深いところです。

自分のプレイ感や感想?印象に残ったシーンなど

一気に挟み込んで敵を消滅させる感覚は他のゲームで味わうことが出来ない気持ち良さがあり、
たまごを挟んだときの小気味良いSEとヨッシーの鳴き声も相まって、
たまごの数がカンストしてもずっと飽きずにプレイしていた記憶があります、

登場するヨッシーの多くは見た目が可愛いので、当時隣で見ていた妹には、
このゲームが結構好評だったことを良く憶えています、
ただし最高得点の出せるデブヨッシーは名前の通り太っちょで可愛くない為、
妹にこの子だけは勘弁して欲しい、と目で懇願されましたが、
スコアの為にデブヨッシーを量産し、妹に嫌われた記憶があります・・・

デブヨッシー画像

ヨッシーのたまごの入手について

ヨッシーのたまごは流通量も多く、多くの中古ショップで扱われています、
その価格も100円~300円と非常に安く、カセット本体の入手は容易です、
ファミコン本体と合わせて当時の雰囲気そのままでプレイするのもアリですが、
ヨッシーのたまごはバーチャルコンソールがWiiU版、3DS版共に配信されており、
手軽に楽しみたい方はそちらをオススメします。

ヨッシーのたまご [3DSで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]

463円

ヨッシーのたまご [WiiUで遊べるファミリーコンピュータソフト][オンラインコード]

463円

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ