サブコンテンツ

スポンサーリンク

不思議のダンジョン2 風来のシレン

風来のシレン タイトル画面

風来のシレンとは?

1995年にチュンソフト、現スパイク・チュンソフトから発売されたダンジョンRPGです、
風来のシレンシリーズは近作が初ですが、不思議のダンジョン2と銘打たれているのは、
毛色の異なる前作のトルネコの大冒険が不思議のダンジョン1に相当する為です、
トルネコの大冒険はドラゴンクエスト4のキャラクター「トルネコ」が主人公の外伝作品です、
元々チュンソフトはドラゴンクエスト1~5までの開発を担当していた為、
エニックスからドラクエのキャラクターを借りることも容易だったのでしょう、

近作風来のシレンは、前作と世界観、キャラクター、アイテムや装備などを一新し、
和風の世界観を中心としてチュンソフトの完全オリジナル作品と言えます。

風来のシレンのゲームシステム

風来のシレンはコチラが一度行動すれば、相手も1回行動するターン製のRPGですが、
特筆すべきは同じダンジョンでも、次に入るときはマップの構造や敵の配置、
入手出来るアイテムまでもが全てが異なる、所謂ローグライクRPGを採用していることです、
前回と同じアイテムが整うとは限らないので、前回と全く同じ戦法をとる事が出来ません、
更に拾える装備も完全ランダムで、ゲーム中盤まで貧弱なこんぼうで戦うハメになることも、
更にゲーム中に力尽きれば、今まで集めてきたアイテムは全て失い、レベルに1戻ります、

アイテム無し・・・

「RPGなのに毎回リセットされて何が楽しいの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
登場する敵は各階層ごとにある程度決まっているので、相手の特性を見極めていけば、
アイテム運が悪くともある程度対応が可能です、何度もプレイすることで、
自分自身のゲームに対する経験値が上がろ、自身のゲームレベルが上がって
ゲームが上手くなっている実感を持つことが出来るのです。
いわば昔のファミコン発売当初のハイスコアを目指す感覚に近いかもしれません。

風来のシレンの攻略法

アイテム運が悪く辛い状況でも、アイテムを見直すと案外使い道があることも多いです、
中でもメジャーなのはお金を投げるという戦法、通称ギタン投げ、
風来のシレンのお金はギタンと呼ばれる通貨で、ダンジョンでも度々落ちていますが、
じつはこのギタン、敵に投げつけると値段の10分の1固定ダメージを与えることが可能で、
高額のギタンを入手しておけば、強敵相手も一撃で粉砕することが可能です、

風来のシレン ギタン投げ

通常ギタンは拾ってしまえば、持ち金が増えるだけでアイテムとして持つことは出来ませんが、
ダッシュで上に乗り、保存の壷などに入れておけばいつでも携帯することが出来るので、
まともな装備やアイテムが出ない状況でも、ある程度立ち回ることが可能になります。

風来のシレンのグラフィック

純和風の世界観かつ細部に渡って非常に緻密に書き込まれており、
見ていて飽きの来ない美麗なグラフィックのなっています、
筆者のお気に入りはゲーム開始時に一度だけ表示される、
夜の水車小屋を写したこのワンシーン、水車の水を運ぶ映像は、
今見ても十分キレイだと感じることの出来る色あせないシーンだと筆者は思います。
一度しか見れないことが非常に惜しまれます。

風来のシレン 水車

風来のシレンのBGM

風来のシレンのBGMはドラゴンクエストでお馴染みのすぎやまこういちさんが作られていて、
全般的に良BGMが多いです、ただしゲームの性質上、舞台はダンジョンの中であることが多く、
重め、暗めのトーンのBGMが多め、しかしそれを加味しても両曲であることには間違いなく、
耳に残るフレーズが多いのも事実、実際ゲームのサウンドトラックは現在プレミアとなっており、
入手は非常に困難です。

自分のプレイ感や感想?印象に残ったシーンなど

こばみ谷から渓谷の宿場に向かって帰還するシーン、
日の静まりかける夕暮れのテーブルマウンテンを背に、
ゆっくりとこちらへ歩いてくるシレンのイナセな様、
背景で流れる威風堂々なBGMなど、これまでの困難や苦労を乗り越えた末に与えられる、
和で統一された凱旋の様子は、プレイ当時は正に感無量というにふさわしい一場面です。

※ネタバレにつき動画視聴の際はご注意下さい。

クリアしてからが本番な1000回遊べるRPG

テーブルマウンテンを攻略しても、冒険はまだまだ終わりません、
クリア後のダンジョンは全部で3種類、どのダンジョンもアイテムの持込が不可能になり、
0からのスタートを強要されます、どのダンジョンも最大99Fまでの大幅に階層が増加し、
(フェイの最終問題を除いてクリア自体は17階程度で可能)
中でも掛け軸裏の洞窟の99F踏破は全シリーズ中でも屈指の難易度と言われています、
30Fを越えた辺りから敵の攻撃がインフレし過ぎて、ほぼ一撃で倒されてしまいます、
それでもクリアする猛者がいる辺り、このゲームをやり込む風来人がいかに多いかがわかります、

他にもゲーム起動からいかに素早くゲームをクリア出来るかを競う
リアルタイムアタック(通称RTA)と呼ばれる競技はこの風来のシレンでも盛んに行われており、
ゲームが発売されて20年以上経つ現在でも記録が更新されているというから驚きです、
最も早い記録では10分を切っています、レギュレーションに則っていなかったため、
記録としては認められなかった点が惜しまれるところです。

風来のシレンの入手について

風来のシレンは風来のシレンDSとして、DSで一度リメイクされていますが、
新しいアイテム・敵・ダンジョンが追加された他、敵の攻撃力が全般的に低くなるなど、
難易度がマイルドになるように調整されており、もはや別作品といっても過言ではありません、
中古で1500円程度と価格もお手ごろですが、当時の雰囲気を楽しみたい方は、
Wii版のバーチャルコンソール版をプレイすることをオススメします。

スポンサーリンク

コメントを残す

このページの先頭へ